• ホーム
  • 業務案内
  • 事務所情報
  • 標準報酬一覧
  • お問い合わせ

任意後見制度とは・・・

「任意後見制度」とは、ご本人様が契約に必要な判断能力を有している間に、将来、自己の判断能力が不十分になったときの後見事務の内容と任意後見人を、事前の契約によって決めておく制度です。その契約が「任意後見契約」です。

任意後見制度の流れ

任意後見契約は、大きく次のような流れで動きます。

  • (1)今は元気で何でも決められますが、将来、認知症などになったときが不安だと思われる方は、お気軽にご相談ください。
    塩月行政書士事務所は、任意後見制度の専門家としてご相談を承ります。
  • (2)信頼できる人(家族・友人・専門家ー行政書士)と任意後見契約と締結します。
     ・公証役場で「公正証書」を作成します。
     ・その旨を登記します。
     ・塩月行政書士事務所は「任意後見制度」の専門家として、お客様をサポートいたします。
     公正証書については、「コチラ」をご覧ください。
  • (3)痴呆の症状が見られるようになる。
     ・医師の診断が必要になります。
  • (4)家庭裁判所へ申し立てをします。
  • (5)任意後見人が任意後見契約が定められた仕事(財産管理や身上監護など)を行います。
  • (6)家庭裁判所が専任した「任意後見監督人」が任意後見人の仕事をチェックします。
    必ず、任意後見監督人が任意後見人(塩月行政書士事務所)の仕事をチェックしますので、安心しておまかせ下さい。

塩月行政書士事務所の「任意後見契約業務サポート」

任意後見人の塩月行政書士事務所と家庭裁判所の選任による任意後見監督人の両輪によるサポートにより、高齢者の方の「あんしん」を提供します。

次のような方は、ご利用をご検討ください。

  • 将来、認知症などになったとき、さまざまなことが不安だと思われる方
  • さまざまな不安について、ご相談したい方

塩月行政書士事務所「任意後見契約業務サポート」

塩月行政書士事務所では、「任意後見契約」によるお客様の生活をサポートします。
主なサポート業務は、次のような後見業務になります。

「財産」に関する後見業務

  • 預貯金の管理・出入金の確認
  • 財産の処分・管理
  • 年金等の受領
  • 相続の放棄・承認・遺産分割
  • 権利証・実印などの保管
  • 賃貸借契約の締結・解除等

「身上監護」に関する後見業務

  • 日常生活をする上で、必要な商品やサービスの購入
  • 電気・ガス・水道・新聞などの利用・供給契約
  • 介護サービス等の利用に関する契約
  • 老人ホーム等の施設入所、入院の契約・変更、費用の支払 等

「高齢者あんしんサポート」の専門家-塩月行政書士事務所へお電話でのご予約お問い合わせは

*他の「高齢者あんしんサポート」・「遺言作成サポート」・「相続手続きサポート」などとの
併用をご検討下さい。
併用されることで更に円滑なサポートが可能になります。

 
 

ページ上部へ