• ホーム
  • 業務案内
  • 事務所情報
  • 標準報酬一覧
  • お問い合わせ

合同会社(日本版LLC)とは

合同会社は、2006年施行の会社法により創設された、新しい会社形態です。

「合同会社」の特徴としては・・・

  • 出資者の全員が、有限責任のため、会社が倒産しても出資額以上の責任を負いません。
  • 定款で定めることで、利益・権限配分等の自由な設計が可能です。
  • 取締役会や監査役は不要です。
  • 意思決定は、社員(出資者)ひとりに1議決権です。

合同会社のメリット

合同会社には、その特徴ゆえに次のようなメリットがあります。

  • 社員(出資者)が出資の範囲内によって有限責任を負います。
  • 決算公告の義務がありません。
  • 定款自治の範囲が広く、法令に違反しない限り自由に定款に規定することが可能です。
  • 利益や権限の配分割合を出資額とは関係なく設定することが可能です。
  • 1人でも設立可能です。
  • 定款認証手続きは不要です(株式会社の場合は必要です)。
  • 法務局の設立登記の際は「登録免許税」が6万円です(株式会社の場合は15万円~です)。

合同会社のデメリット

合同会社には、次のようなデメリットがあります。

  • 社長の名称は「代表社員」となり、代表取締役と言いません。
  • 株式会社よりも零細(小規模)というイメージが感じられるかもしれません。

合同会社の設立手続き・設立後の手続き・顧問契約の締結をご検討の方に・・・

塩月行政書士事務所の「合同会社設立手続きサポート」

塩月行政書士事務所では、「合同会社設立手続きサポート」を行っています。

  • 合同会社は、2006年にできた新しい会社形態で、認知度が高いとは言えません。
    しかし、1人で小規模ビジネスを始めたい方や、費用をかけずに、とりあえず法人にしたい・・・という方にオススメです。
  • 設立後も税理士・司法書士などの各専門家との連携により、お客様を全力でサポートいたします。
  • 顧問契約の締結により、事業経営から生じる各種問題のご相談から、議事録などの各種書類の作成、許認可の管理などを一括して年間サポートいたします。

報酬例
顧問契約 報酬額:1万円~5万円/月
*上記金額に、申請手数料等の実費は含まれていません。

合同会社の設立手続き・設立後の手続き・顧問契約によるトータルサポートは・・・
塩月行政書士事務所へ
お電話でのご予約お問い合わせは

合同会社の設立手順

合同会社の設立手順は、次のようになります。
塩月行政書士事務所では、設立手順に沿って、さまざまなサポートを行います。

  • (1)合同会社設立のための基本事項を決めます
    商号/事業目的/本店所在地/事業年度/資本金/社員(出資者)/業務に係わる役員(業務執行社員)、代表者社員を決めます。

  • (2)事前準備をします
    商号の調査/会社代表者印の作成/印鑑証明書の取得/事業目的の確認

  • (3)定款を作成します
    *公証役場での「定款の認証」は不要です。
    ・絶対的記載事項
    ・相対的記載事項

  • (4)出資金の払込みをします
    ・「払込証明書」の作成
    ・「調査報告書」の作成(現物出資時のみ)
    ・「資本金の額の計上に関する証明書」の作成

  • (5)合同会社の設立登記申請
    ・登記申請書の作成

  • (6)合同会社の設立後の各種届出
    税務署/県税事務所/各市町村役場/労働基準監督署/公共職業安定所/社会保険事務所
    *各官公署へ申請します。

合同会社の設立手続き・設立後の手続き・顧問契約によるトータルサポートは・・・
塩月行政書士事務所へ
お電話でのご予約お問い合わせは

 
 

ページ上部へ