• ホーム
  • 業務案内
  • 事務所情報
  • 標準報酬一覧
  • お問い合わせ

相続の際、遺産を分割することになります。遺産分割とは相続人が共同所有となった遺産を各人の単独所有となるように分けることです。
相続において、一番トラブルになるケースが多いです。
遺産分割手続きをご希望の方は・・・

塩月行政書士事務所の「遺産分割手続きサポート」

遺言により各相続人の取得する財産が具体的に記されている場合を除いて、「遺産分割協議」により、相続人全員で協議します。
協議した結果により、「遺産分割協議書」を作成しなくてはなりません。

「遺産分割協議」や「遺産分割協議書」の作成に自信の無い方、専門家に依頼されたい方などは「遺産分割手続きサポート」をご検討ください。

塩月行政書士事務所の「遺産分割手続きサポート」

塩月行政書士事務所では、「遺産分割協議」に関するサポートを実施しております。

遺産分割は次の手順ですすみます。
塩月行政書事務所は、遺産分割の手順に従って各業務のサポートを行います。

遺産分割の手順

  • (1)遺言有無を調査します
    -「遺言作成サポート」を合わせてご利用ください。
  • (2)相続人の範囲を確定します。
    -相続関係図の作成
  • (3)各相続人の相続分を確定します。
  • (4)遺産の範囲を確定します。
    -「財産リスト」作成
  • (5)遺産を「遺産分割時にできる限り接近した時点の時価」で評価します。
  • (6)各相続人の具体的相続分を算出します。
  • (7)遺産分割方法を協議し、決定します。
    -遺産分割協議書の作成
  • (8)作成した遺産分割協議書に各相続人が署名・押印します。
  • (9)協議内容に基づいて、各遺産の分割を行います。
  • (10)分割した財産の名義変更や遺産の売却などを行います。

*相続開始から10ヶ月以内に遺産分割協議を確定したほうが相続税が低くなります。

遺言・相続の専門家-塩月行政書士事務所に
お電話でのご予約お問い合わせは

*他の「高齢者あんしんサポート」・「遺言作成サポート」・「相続手続きサポート」などとの
併用をご検討下さい。併用されることで更に円滑なサポートが可能になります。

「遺産分割協議書」の目的

  • 相続人間における分割ないようについての合意と確認します。
  • 法的に分割が終了したことを明確にします。
  • 不動産や預貯金の名義変更等の添付書類として作成します。
  • 相続税の申告等への添付書類として作成します。

「遺産分割協議書」の注意点

  • 相続人全員で作成します。
  • 決められた書式は特にありません。
  • 誰がどの財産を取得したのかを名義書換時にわかるように作成します。
  • 複数ページに渡るものは、割印を押し、自署し実印を押します。
  • 財産や債務は、もれなく記載します。
    (後で判明した財産や債務については、再度、遺産分割協議が必要になります。)
  • 生命保険金・死亡保険金は、遺産分割協議の対象ではありません。
  • 財産ごとに遺産分割協議書を作成することができます。
  • 「遺産分割協議書」の作成に期限はありません。
    申告期限(相続開始後10ヵ月)までに分割しませんと、相続税法上の恩典が受けられません。

遺産分割協議が必要ない場合

  • 法的に有効な遺言書がある場合、原則として遺言書通りに遺産分割が行われます。

遺産分割も含めて、遺言の執行を行うにあたって「遺言執行サポート」を行っています。

塩月行政書士事務所の「遺言執行サポート」

遺言は実際に執行しなくてはなりません。
塩月行政書士事務所は、遺言執行者の就任による「遺言執行サポート」を行っています。

「遺言執行サポート」のメリット

  • 遺言者の意思を実現します。
  • 相続人間の人間関係によるストレスを軽減できます。
  • 相続手続きがスムーズにすすみます。

遺言執行者は遺言・相続の専門家の塩月行政書士事務所へ
お電話でのご予約お問い合わせは

*他の「高齢者あんしんサポート」・「遺言作成サポート」・「相続手続きサポート」などとの
併用をご検討下さい。
併用されることで更に円滑なサポートが可能になります。

 
 

ページ上部へ