• ホーム
  • 業務案内
  • 事務所情報
  • 標準報酬一覧
  • お問い合わせ

公正証書とは

公正証書とは、自分たちで内容を決めた文書を公証役場で公証人に作成してもらう公文書です。

そのメリットは

  • (1)強い証明力をもつ証拠となります。
  • (2)金銭の支払いが絡む契約書等を公正証書にすることで、いきなり強制執行ができます。
  • (3)債務者に対して心理的圧迫をかけられます。
  • (4)原本が公証役場にあるので、紛失しません。

法律で公正証書の作成が求められている契約

法律で公正証書の作成等が求められている契約等があります。

  • (1)事業用定期借地権の契約書
    この制度は専ら事業用の建物を所有する目的で設定される借地権です。
  • (2)任意後見契約
    任意後見制度とは、本人が後見事務の全部又は一部にについて、任意後見人に代理権を付与する「任意後見契約」を事前に締結します。
    家庭裁判所で選任する任意後見監督人の監督の下で任意後見人による保護を受けることができます。

*塩月行政書士事務所では、「任意後見契約業務サポート」を行っています。

公正証書の種類

上記の「法律で作成等が求められている契約」以外の代表的な公正証書の種類です。

  • (1)金銭消費貸借契約公正証書
    金銭を貸し借りする時の契約書の公正証書です。
  • (2)債務弁済契約書公正証書
    現在ある債務につき支払内容などの変更の際に利用する契約書の公正証書です。
  • (3)不動産賃貸借契約公正証書
    不動産を賃貸借する際の契約書の公正証書です。
  • (4)死因贈与公正証書
    死亡の際に、遺産を他人に無償で与えるという約束の契約書の公正証書です。
  • (5)遺産分割協議書公正証書
    相続人間で遺産分割の話し合いがまとまった際に作成する公正証書です。
  • (6)離婚給付公正証書
    離婚する時に養育費、慰謝料、財産分与、年金分割などについて約束する際に使用する公正証書です。

公正証書を作成する際に準備する資料

公正証書の作成には十分な準備が必要です。

  • (1)公正証書の内容に必要な資料の準備
    公正証書として作成してもらう文書の内容を当事者間で決めておく必要があります。
  • (2)身分確認の資料の準備(お客様が個人の場合)
    塩月行政書士事務所にご依頼の際は委任状(実印)と印鑑証明書をご用意ください。
  • (3)身分確認の資料の準備(お客様が法人の場合)
    塩月行政書士事務所にご依頼の際は委任状(法人代表印)と代表者の資格証明書と代表者印の印鑑証明書をご用意ください。

公正証書作成なら

塩月行政書士事務所の「公正証書作成サポート」

塩月行政書士事務所は、各種公正証書の作成のサポートを行っています。
公正証書を作成したい方、作成の方法のわからない方、公正証書の専門家に依頼をされたい方等
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

公正証書の作成手順

  • (1)「ご相談」
    まずは、お気軽にご相談ください。

  • (2)「ご依頼」
    塩月行政書士事務所へご依頼ください。
    ご依頼の際は、今後の具体的な流れ等について詳細な打ち合わせをいたします。

  • (3)「実費・着手金のお預かり」
    想定される実費と着手金をお預かります。
    着手金は報酬金の50%になります。

  • (4)「公正証書作成」
    公証役場で公正証書を作成します。
    ⅰ)受付
      本人確認の必要書類等を持参して受付します。
    ⅱ)当事者の身分確認書類の調査
      出頭時に持参した本人の確認書類などを提示して身分の確認
    ⅲ)公正証書に記載する内容の聴取
      お客様と事前に十分に打ち合わせ内容について公証人に聴取してもらいます。
    ⅳ)公正証書の作成と公証人による読み聞かせ又は閲覧
    ⅴ)公証人と承認の署名捺印
    ⅵ)公正証書原本の保存と製本・謄本の交付

  • (5)ご精算
    報酬金の残金・必要経費等のお支払いをお願いします。

  • (6)アフターケア
    公正証書作成後の各種業務のアフターサービスを行っています。

塩月行政書士事務所は、公正証書の作成のサポートをしています。
公正証書は、最も効果の高い書類のひとつです。
是非、専門家とご一緒に公正証書を作成いたしましょう!

公正証書の作成の専門家-塩月行政書士事務所へ
お電話でのご予約お問い合わせは

 
 

ページ上部へ